2020年に買って良かったガジェットはこちら!

パソコンで矢印や記号を入力するおすすめの打ち方【ショートカットで一発変換】

悩んでいる人

矢印や記号の入力って意外と面倒。もっと簡単に入力できる方法はないのかな?

こんなお悩みを解決します。

本記事を読んでわかること
  • 矢印や記号を入力する3つの方法
  • Google日本語入力を使えば変換いらず
  • デフォルト以外の記号を登録する裏ワザ

パソコンで文字を打つ時に矢印「←↓↑→」や記号「…◯■」などを入力する機会って多いですよね。
ただ、頻度が高いわりに入力の手間がかかると思ったことはないでしょうか?

そこで今回の記事では「矢印や記号を簡単に入力する方法」をご紹介します。
読み終えた後に簡単な設定を行うことで、矢印や記号を一瞬で変換できるようになりますよ。

目次

矢印や記号の色々な入力方法

矢印「←↓↑→」や記号「…」などを入力する方法は3つあります。
結論からいうと、一番最後にご紹介する「Google日本語入力」を使った方法が最も早く入力できます。

ただ、他2つの方法と使い分けることが最も効率的なので、あわせてご紹介させていただきますね。

文字を入力して変換する

まずは一番スタンダードな入力方法。
「やじるし」や「ひだり」と入力してSpaceキーやTabキーを押すと、予測変換で「←」が出てきます。
選択した状態でEnterを押すと入力完了です。

「やじるし」⇒スペース押下

この方法は文字入力のタイピング量が多く、使用頻度の高い記号の入力には適していないと思います。
たまにしか使わない記号や絵文字を変換するためには重宝する方法なので、知っておいて損はないです。

単語登録で素早く変換できるようにする

単語登録とは、よく使う単語をあらかじめ文字入力ソフトに登録して簡単に呼び出せるようにする機能です。
例えば、「ありがとうございます」を「あり」と打つだけで、予測変換に出てくるようになります。

これを応用して、「ひ」と入力すると「←」が予測変換に出てくるように登録することができます。

「ひ」の予測変換

この方法でも十分効率的だとは思いますが、毎回一番上に登録した単語が出てくるわけではないので、何回もSpaceキーを押す手間が発生します。
メールなどで使う定型文を登録する使い方に適していると思います。

Google日本語入力を使って変換いらずで入力する

本記事でおすすめの入力方法です。次の章で詳しく解説します。

※出典:Google 日本語入力

そもそもGoogle日本語入力とは、Googleが提供している日本語変換システム(IME)のことです。
WindowsだとMicrosoft IMEがデフォルトで設定されていますが、Google日本語入力の方が変換機能が優秀で、思い通りに変換ができます。

理由はシンプルで、日本人の約95%がGoogleで検索をしており、日々検索された単語のデータが蓄積されているためです。
※2010年よりYahoo!もGoogleの検索エンジンを利用

変換が優秀なだけでなく住所入力や計算機能などとにかく多機能なので、特にこだわりがなければ切り替えることをおすすめします。

矢印や三点リーダなどを変換するおすすめの打ち方

IMEをGoogle日本語入力に切り替えると、矢印や三点リーダ「…」を変換いらずで入力できるようになります。
例えば「←」を入力したい時は「zh」と入力すると最優先で「←」が表示されるので、Spaceキーでの変換の必要がなくなります。
※入力モードが「ひらがな」になっている時のみ

文字だけだと伝わりにくいと思うので、以下2つのパターンを画像で説明します。
Google日本語入力のデフォルトで登録されている「zh」と登録されていない「xh」を入力した場合の比較です。

デフォルトの矢印や記号のショートカットは以下です。

ショートカットで任意の記号を打てるようにする設定方法

デフォルト以外の記号を登録すれば、変換いらずで打つことが可能になります。
この方法を紹介している記事は他に見当たらなかったので、知っている人はかなり少ないと思います。

設定方法は以下の6ステップです。

STEP
IMEのオプションを表示

右下の「あ」や「A」が書かれた場所を右クリックします。

STEP
プロパティを表示

プロパティを選択します。

STEP
ローマ字テーブル編集画面を表示

一般タブ右下の「編集」を押下します。

STEP
新しいエントリーを選択

左下の「編集」から「新しいエントリー」を選択します。

STEP
任意のショートカット・記号を設定

「入力」にショートカット・「出力」に記号を入れ、「OK」を押下します。
※この際に「za」などひらがなになってしまう文字にしないように注意。

STEP
設定を保存

忘れずに「適用」と「OK」を押下します。

コダハチ

参考までに僕が登録している単語をご紹介します。

ショートカット対応記号
zm
zv
zb
zs
zd
zn
z;
z「
z」
効率化オタクの登録ショートカット

まとめ:矢印や記号はGoogle 日本語入力で簡単入力!

今回はGoogle日本語入力を使って「矢印や記号を一瞬で入力する方法」をご紹介しました。

単語登録するよりもストレスなく入力することができるので、ぜひ導入を検討してみてください。
Google 日本語入力はそもそもシンプルにIMEとして優秀なので、一度切り替えると手放せなくなること間違いなしです。

以上、コダハチ(@kodahachi)でした!




コダハチ

最後までお読みいただきありがとうございました!

もう1記事いかがですか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人

いつも一生懸命な23歳。
お金と時間のムダをなくし、ゆとりある人生を目指しています。
生活満足度にこだわりつつも、サイドFIREに向けて節約・投資を実践中。
ガジェット・筋トレ・サウナ好き。

目次
閉じる