2020年に買って良かったガジェットはこちら!

知っておくと便利なエクスプローラーのショートカットキー【Windows10】

わからない人

フォルダ・ファイル管理の作業を効率化するためのショートカットキーを知りたい!

こんなお悩みを解決します。

本記事を読んでわかること
  • エクスプローラーの厳選ショートカッキー
  • ショートカットを使い倒した操作例

パソコンを使って仕事をする上で避けては通れないフォルダやファイルの管理。

エクスプローラーを一日に何回も開いて、多くの時間を費やしている方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのは、マウスではなくショートカットキーで操作することです。

直感的に操作できるようになっている分、ついついマウスに手が伸びてしまう気持ちもわかります。
ただその気持ちをぐっとこらえてショートカットキーを使うようにすれば、長い目で見ると結構な時間を削減できますよ。

そこで今回の記事では、「エクスプローラーのショートカットキーと具体的な活用例」をご紹介します。

効率化にこだわって3年前にマウスを捨てた僕が、本当に使えるものだけに厳選してお伝えしていきますので、気になったものから取り入れてみてくださいね。

コダハチ

ファイル管理のムダな時間をなくしていきましょう!

目次

エクスプローラーの厳選ショートカットキー

エクスプローラーで使えるショートカットキーの一覧は、Microsoftの公式HPに比較的網羅されたものが載っています。

ただ多すぎてどれから覚えていいのかわからないですよね、、、
しかも実は載っている以外にも便利な隠れショートカットがあるんです。

そこでこの章では、知っておくと便利なエクスプローラーのショートカットキーに厳選してご紹介します。
※使用頻度別に分けており、絶対に覚えて使って欲しいものを「高」、覚えておくと便利なものを「中」としています。
※ショートカットの()内でも使用可。押しにくいため非推奨です。
※ショートカットでA+Bの場合はAB同時押し、A⇒BはAを押した後にBを押すという意味です。

エクスプローラーを開く・閉じる時に使うショートカットキー

ショートカット使用頻度用途
Windows+数字エクスプローラーを開く・最小化する…①
Windows+E(Ctrl+N)新しいウィンドウを開く…②
Ctrl+W作業中のウィンドウを閉じる

エクスプローラーが起動していない状態であれば①②どちらでも大丈夫です。
起動している場合で既存を開きたい場合は①を、新規ウィンドウで開きたい場合は①を使います。

フォルダ・ファイルを移動する時に使うショートカットキー

ショートカット使用頻度用途
Alt⇒F⇒数字よくアクセスする場所を開く
↓または↑項目の選択を上下に移動する
Enter選択中の項目を開く
Alt+←(BackSpace)前に開いていたフォルダに戻る
Alt+→前に開いていたフォルダに進む
Alt+↑現在の親フォルダを表示する
ファイル名の先頭文字入力文字で始まる一番上の項目に選択を移動する
End作業中のカテゴリの一番下を表示する
Home作業中のカテゴリの一番上を表示する
Tabカテゴリを順方向で移動する
Shift+Tabカテゴリを逆方向で移動する

ここでいうカテゴリとは、フォルダやファイルごとのかたまりを指しています。

上記の移動時に使うショートカットさえ覚えれば、エクスプローラーを使いこなすことが可能です。

コダハチ

優先的に覚えるのがおすすめ!

イメージがつきづらいと思うので、後ほど活用例をご紹介しますね。

フォルダ・ファイルを編集する時に使うショートカットキー

ショートカット使用頻度用途
Ctrl+Shift+N新しいフォルダを作成する
Ctrl+C選択中の項目をコピーする
Ctrl+X選択中の項目を切り取る
Ctrl+V選択中の項目を貼り付ける
Delete選択中の項目を削除する
F2項目名の編集モードにする
Shift+↓または↑複数ファイルを選択する
Ctrl+A全ての項目を選択する
Ctrl+↓または↑選択状態を維持したまま移動する
Ctrl+Space選択状態を反転する

エクスプローラーがぐちゃぐちゃに管理されていると、自分自身やチームの人が目的の項目を探すのが大変になりますよね。

ムダなコストを発生させないためにも、フォルダ・ファイルを適切に移動・編集して管理することが大切です。
少し面倒な管理作業も、上記のショートカットキーを使うことで楽に管理することができますよ。

こちらも後ほど活用例をご紹介します。

その他エクスプローラー内で使える機能のショートカットキー

ショートカット使用頻度用途
Ctrl+L(Alt+D)アドレスバーを選択する
Ctrl+F(Ctrl+E)検索ボックスを選択する
Alt+Enter選択中の項目のプロパティを開く

Googleドライブなどの共有フォルダを使っている場合は、「Ctrl+L⇒Ctrl+C」でフォルダパスをコピーしてチーム内に共有することができますよ。

効率化好きSEのエクスプローラー使用時の流れ

悩んでいる人

色んなショートカットキーがあるのはわかったけど、実際に使うイメージができない…

こんな方のために、この章ではショートカットキーを使い倒したエクスプローラーの操作例をご紹介します。

効率化好きのSEが普段から実践しているものなので、参考になれば幸いです。

今回は使用頻度の高い

  • フォルダ・ファイル移動時の流れ
  • フォルダ・ファイル編集時の流れ

について解説します。

パソコンがお手元にある場合は、一緒に操作しながら記事を読み進めてみてください。

フォルダ・ファイル移動時の効率的な流れ

まずは以下の目的ファイルに到達して開くことを想定した移動時の流れをご紹介します。

フォルダ:C:\Users\ユーザー名\OneDrive\ドキュメント\プライベート\ブログ\記事\100_テスト
ファイル:test_v01.txt

①「Alt⇒F」でよく使うフォルダの選択画面を表示する

②「8」で目的フォルダに近いフォルダを開く

③「1⇒Enter」で目的フォルダを開く
※「↓連打⇒Enter」でも可

④「↓⇒Enter」で目的ファイルを開く

フォルダ名を数字で管理しておくと、③の時に矢印を連打しなくて済みます。
しかも自分の並べたい順番にフォルダを管理できて便利ですよ。

フォルダ・ファイル編集時の効率的な流れ

次にファイルのバックアップを取り、コピーしたファイルを作成する時の流れをご紹介します。
ファイルを日付やバージョンで管理している人向けの流れです。

before:~\100_テスト\test_v01.txt
after:~\100_テスト\test_v02.txt,  ~\100_テスト\old\test_v01.txt

①「Ctrl+C⇒Ctrl+V」でtest_v01 – コピー.txtを作成する

②「↑⇒F2」でファイル名をtest_v02.txtに変更する

③「Ctrl+Shift+N」で新規フォルダを作成し、oldフォルダを作成する

④「↓⇒Ctrl+X」でtest_v01.txtを選択して切り取る

⑤「↑⇒Enter」でoldフォルダを開き、「Ctrl+V」で貼り付ける

⑥「Alt+←」で元のフォルダに戻り、「↓⇒Enter」でtest_v02.txtを開く
※「BackSpace」「Alt+↑」でも可

エクスプローラーでのファイル管理に便利なショートカットキーまとめ

今回は「エクスプローラーのショートカットキーと具体的な活用例」をご紹介しました。

最初はたくさんのショートカットキーを覚えるのに苦労すると思います。
マウスを使いたくなるその気持ちをぐっとくらえて、少しずつ使っていけば自然と手が動くようになりますよ。

この記事を読んでくれたあなたが快適にフォルダ・ファイル管理できるようになることを願っています。

以上、コダハチ(@kodahachi)でした!




コダハチ

最後までお読みいただきありがとうございました!

もう1記事いかがですか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人

いつも一生懸命な23歳。
お金と時間のムダをなくし、ゆとりある人生を目指しています。
生活満足度にこだわりつつも、サイドFIREに向けて節約・投資を実践中。
ガジェット・筋トレ・サウナ好き。

目次
閉じる